worldeey

*

大東島旅行の素敵な出会い。釣り、人、酒、自然…。

      2015/03/11

 

那覇をフェリーで旅立って
南大東島をミラクルなくらい満喫した後は北大東島にレッツゴー♫

大東島 フェリー入島編>

南大東島編はこちら>

 

この1泊3日の大東島旅行を計画したとき、
南大東島と北大東島どちらに泊まろう?というのに凄く迷いました。

結局、北大東島にした決めては北大東島が『釣りの島』だから。

最近、旅先で釣り竿を借りては釣りをしています。

さて、今回はどんな大物が釣れるかわくわくです♫

 

南大東島から北大東島へ行くフェリーの所要時間は30分ー40分程度。

あっと言う間につきます。

わたしがフェリーのデッキでのんびりしていると船の船上員さんに声をかけられ、

何故か操舵室に連れて行かれフェリーを運転できる事に。

船上員さんの帽子もお借りして、気分はすっかり船長さん。

船をしっかり蛇行運転させて来ました(笑)

 

 

 

北大東島に着きクレーンでの入島をしまず宿に向かいました。

 

ちなみに北大東島には、
ハマユウ荘と二六荘という2つの宿しかありません。

 

ハマユウ荘は、ちょっとお高めですけどリゾートっぽい感じ。

二六荘は、手頃な値段の民宿。

工事や仕事で来た人か釣り人が泊まっていくお客様が多いそうです。

もちろん節約好きのわたしは二六荘へ。
お部屋は5畳程度の一間で、何もない。

虫の死骸も何個か落ちてて、女性が一人で泊まるところではなかったかもです^^;

 

 

 

夕食を食べる時には既に街に人影が見えなかったので、
釣りを諦め宿で夕食をいただく事に。

 

一人で食べるのも寂しいので、
知らないおじさんに声をかけ2人でご飯をいただきました。

そしておじさんの晩酌に付き合っているうちにいつしか宴会に(笑)

調子良くなってきたおじさんが、

「よし!いくぞ!」と外へ連れ出され、
同僚がやっているBBQに連れて行ってくれる事になりました。

 

民家をすり抜けどこかの会社の寮に到着。

 

そこには20人くらいがBBQで宴会していて、
こんなに人がいる事にまずびっくり。

30分くらい大交流して、
またおじさんに連れられて今度はスナック『幸』へ。

 

島には何件かスナックがあってもちろん若い子はいないけど、
おばちゃんが楽しそうにお客さんと話していてとっても素敵。

わたしもすっかりママ仲良しになって。

ママの恋の話やらこれからの島のスナック経営について話たり、
カラオケ歌ったり北大東島の人達の遊びや暮らしを経験できて面白かったです。

 

わたしは北大東島でぜひとも朝日を拝みたいと思っていたので、
おじさんに朝日ポイントを聞くとおじさんが連れて行ってくれる事になりました。

何から何まで、なんて優しいんだ!

25時くらいにおじさんと別れて、
部屋で爆睡していたら朝5時おじさんが宿のドアのコンコンとノック。

おじさん、タフだなーーーー!

と思いつつおじさんの車で朝日の名所まで連れて行ってもらいました。

 

 

 

なんでも北大東島は沖縄でもっとも朝日が早く昇る島だそうです。

結局曇りで朝日は見れなかったのですが、
そのまま島巡りをしてもらっていつしかおじさんとはマブダチのような関係になっていました。

そして宿に帰って宿の人に釣り道具はないか聞いてみると、
なんと釣り具を貸してくれることに!

しかも連れたら料理してくれるというなんて素敵な遊び♡

早速港に行って釣りを始めました。

 

 

北大東島の港は、
海まで15メートルくらい高さがあってちょっと怖いです。

こりゃ落ちたら死んじゃうかもなーと思いつつ、長ーい釣り竿で挑戦!

ものの5分で、30センチくらいのブダイをGET!

さすが釣りの島!

釣りを覚えたてだったので釣れないことが多かったのですが
ここに釣りがうまい人が来たらきっともの凄いことになると思います。

めちゃくちゃ釣れますっ!

 

 

 

フェリーの時間があるので30分で切り上げ二六荘で料理してもらう事に。

30分の釣りの成果は、30センチ級のブダイ2匹にグルクン2匹!

いやいや。なかなか大満足。

料理も唐揚げ、煮物、刺身、和え物と超豪華ランチになりました♫

二六荘のお兄ちゃん、ありがとう!

 

そしてフェリーの時間が来たので、
那覇行きのフェリーの乗り込み北大東島の旅は終わりました。

南大東島と比べると観光名所は少ない北大東島。

その分、お酒を飲んだり、釣りをしたり、地元の人と交流したり。

 

いつもとちょっと違った旅をしてみるのも面白いと思いました。

北大東島も南大東島も本当にみんな親切で。

女性一人旅にもとっても優しい。

みんなに、
人生で絶対一回は行って欲しい場所になりました^^



      お名前 (苗字だけ) 

メールアドレス (必須) 

 - , 日本を観る