worldeey

*

『ピースボート』ボランティアの内容と上手にタダで乗る方法

      2015/03/09

 
ピースボートのボランティアスタッフ募集の
ポスターをよく見かけますが、
実際どのようなことをしているのか?
 
不思議になっちゃいますよね^^;
 
ボランティアの内容と
ピースボートに上手にタダで乗船する方法をご紹介します♫
 
 

ボランティアスタッフは、どんなことをするの?

基本的にはボランティアスタッフとしての活動は、
乗船前に行います。
 
その仕事を大きく分けると、3種類あります。
 
 
外勤
ポスター貼り。
 
3枚貼ると1000円の割引きになります。
 
大変ですがポスター貼りを極めると、
船代をタダにするには一番てっとり早い方法です。
 
 
内勤
ポスターの準備、資料の発送、データ入力、電話対応など。
 
単純作業が多いですが、
ピースボートセンターで室内で行うことができます。
 
体力のない人や仲間を作りたい人にオススメです。
 
 
 
イベントのお手伝い
街中で募金活動、各種説明会の補佐など。
 
定期的にあるわけではなく、
不定期で募集になります。
 
 
 
ボランティアスタッフになると、
30歳以下なら最大乗船費全額割引です!!!!
※30歳以上だったら最大半額分
 
この基準については変更もあるようなので、
直接ピースボートに問い合わせてみてくださいね。
 
ピースボート>
 
 
 
 

『ピースボート』上手にタダで乗る方法

ピースボートは、大体140万円程度。
 
140万円をタダにするには何枚ポスターを貼ればいいのか?
 
ポスターを3枚貼ると1000円割引
3000枚1000000割引
1000枚300000割引
300枚 100000割引
合計   4300枚
 
4300枚÷100枚/1日=43日
 
他に何かいい計算式があるかもですが^^:
 
1日100枚貼れば、
43日で140万円クリアできるというわけです。
 
ちなみに1日100枚ポスターを貼るということは、
日給3万円以上割引になります。
1日100枚÷3=日給3.3万円
 
もちろんピースボートで、
給料として支払われるわけではないですが、
これをバイトに置き換えて考えると、
なかなかいい給料ですよね!
 
本気でピースボートに乗りたいのであれば、
バイトよりボランティアスタッフに力を入れたほうが、
効率がいいというわけです。
 
 
 
それでは私がピースボートを
全額無料にした方法をお教えしますね!
 
わたしはひたすらポスター貼りをしました。
 
とはいっても、ただポスターを貼るわけではなくて、
『ボランティアスタッフが来ない田舎』をひたすら攻める!
ということをしていました。
 
 
 
人口が10万人以上であれば、
そこそこ人が住んでいますので
飲食店やスーパーなどお店はあるはずです。
 
そこを狙います。
 
東京など都市部のお店の場合、
ポスター貼りなどの営業に慣れていますので、
大体冷たくあしらわれて終わりです。
 
田舎で活動するとポスター貼りしかできないので、
都市部で頑張っているボランティアスタッフに比べて
不利に思うかもしれませんが、
考え方次第ではとても有利です。
 
 
 
通常のボランティアスタッフが内勤して
1時間で割引される金額は800円程度。
 
ポスターを3枚貼れば1000円割引です。
1時間にポスターを3枚以上貼れば内勤より有利です。
 
 
 
しかも田舎でポスター貼りをすると、
強豪のいない街に張るのでめちゃくちゃ有利。
 
みんな物珍しさにポスターは貼らせてもらえますし、
むしろ応援してもらえます。
 
わたしがポスター貼りしていた時は、
「頑張ってねー」とジュースを貰ったり、
お菓子を貰ったり、かなり声援に助けられていました。
 
 
 
とはいえ、ダラダラポスター貼りをしても
なかなか全額無料までは行けません。
 
わたしが行っていた1日のスケジュールをいいますと…。
 
10時前 ポスター準備。ポスター100枚をリュックに詰めます。
10時頃 ポスター貼り開始。昼間やっている商店街などを狙います。
18時頃 ポスター100枚貼り終わったら休憩、ご飯。
19時頃 夜の部スタート!飲食店、スナックなどを中心に周ります。
 
ポスターを200枚貼り終わり次第、終了!
 
というスケジュール。
 
1日200枚をノルマにしていたので、
1日6万円以上の割引。
 
なかなか頑張っていました。
 
 
 
そして人口が10万人以上の街を
車に自転車を積んでひたすら巡業していまして。
 
寝泊りも車。
 
商店街など回る時は、自転車を使います。
 
もう小回り抜群!
 
徒歩だと遠いところは行けないし、
バイクもメットを脱いだりかぶったり大変です。
 
車も駐車場の問題があったり、
小回り利かないので不向きです。
 
車で目的地まで行って、
あとは自転車で回るのが最強です!
 
ここまでやれとは言いませんが、
この生活を1ヶ月程度続けると
全額タダにはグッと近づけるはずです。
 
 
 
こんな生活をしていると、
いろいろなエピソードも出来てきまして。
 
わたしがポスター貼りをやっていて面白かったのは、
スナックにポスターを貼りに行った時、
「ビールを1杯だけでいいから付き合ったらポスターを貼らせてやる。」
と条件を出されたので、美味しく頂かせて貰いました。
 
結局そこですごく仲良くなって、
ポスター貼らせてくれるお店を一緒に回ったこともありました。
 
これもピースボートでのいい思い出です^^
 
ポスター貼りは、
最初辛いかもしれませんが
出来るだけ楽しく行ってくださいね♫
 
 
 
それでは、
ポスター貼る時の交渉のコツを
お話ししていきたいと思います。
 
交渉のコツは、
ずばり『ノリと笑顔』です!
 
笑顔で楽しそうにポスター貼りをしていると、
言われた側も応援したくなります。
 
コミュニケーションをとっていると
円滑にポスターを貼ることができますし、
証拠の住所記入もスムーズに行うことができます。
 
 
 
そして説明はもたつかないように、
頭の中で一言でピースボートが説明できるように
まとめておきます。
 
出来る限り簡潔に。
 
わたしは
「世界一周の旅行のポスターです!」
としか言ってなかったです。
 
もちろん詳しく聞かれれば答えますけど、
そうでなければ余計なことは言わないw
 
悪い例は、
「あのー。。。ピースボートというものですが。。。
ポスターを貼らせていただきたいのですがー。。。」
 
こういう感じで気弱では絶対ダメです。
 
なんかやましいことをしているみたいじゃないですか。
 
ポスター貼りは、
ピースボートという素敵な船旅を紹介する活動です。
 
明るく堂々といきましょう♫
 
そして、断られたらしつこくしない。
 
 
 
あと気をつけたいのは、時間帯。
 
飲食店のピーク時、
12時から13時。
19時から21時。
 
など店が忙しそうな時は出直し、
そして後で様子を伺いに来ます。
 
忙しい時は
怒られるしほぼ断られてしまいますので、
お店の都合もちゃんと考えてあげてくださいね。
 
 
 
いかがでしたか?
 
ここまでやればきっと誰でも
ピースボートに無料で乗れます。
 
あ!
とは言っても乗船料が全額無料になるだけで、
ツアー代金や税金などの費用は別途かかってきてしまうので
お気をつけて。
 
 
 
とにかく、
人がやってる場所ではやらない。
人と違うとこをやる。
人がやらないとことろまでやる。
とにかく楽しく笑顔で♫
 
というのを徹底して行ってみてください。
 
 
それでは、
あなたもピースボート仲間になることを祈っています♫
 
 
 



      お名前 (苗字だけ) 

メールアドレス (必須) 

 - 世界を知る, , 旅のヒント