worldeey

*

戦略命!台湾『平渓天燈祭』で、ランタンを上げるために知っておきたい裏技

      2015/03/09

台湾で行われている

平渓天燈祭(ピンシーてんだんさい)。

 

天燈に願い事を書いて、夜空に打ち上げる。

台湾の伝統的なお祭りです。

 

沢山のランタン(天燈)が打ち上がるシーンは、

とても綺麗で思わず涙が出てしまうほど。

 

せっかく台湾に行くのなら、

ぜひともお祭りで天燈上げに参加したいものです。

 

でも実は、行けば誰でも天燈上げに参加できる!

というものではありません。

 

そこで平渓天燈祭でランタン(天燈)を上げる方法を

ご紹介します!

 

平渓天燈祭でランタンを上げる方法①

日本発着のツアーに申し込む。

これが一番確実です。

 

日本発着の場合、

全て段取りされているのでやっぱり安心。

 

自由に旅行にしたい人は、

現地発着ツアーもあるので、それを活用するのもあり!

バスの送迎付きで楽々です。

 

平渓天燈祭でランタンを上げる方法②

個人でランタン(天燈)を上げるには、

必ず整理券が必要になります。

でも入手は大変><

 

整理券は会場でのみ配布されているのですが、

お祭りの開始は夕方暗くなってから。

 

でもランタン(天燈)は数に限りがあるので、

すぐに配布が終わってしまいます。

 

なので昼には会場に着かなくてはいけません。

 

台北市から平渓は、バスや電車で1時間程かかり、

しかも駅に着いてからも10から15分は歩かなくてはいけません。

 

それを計算に入れて、行動しましょう。

 

わたしもこのお祭りに行ったのですが、

会場に着いたのは15時くらい。

 

到着してすぐに整理券を取りに行きましたが、時既に遅し…。

配布終了です…。ちーん。

 

整理券を貰ってからは自由なので、

十分にでも行ってのんびりしましょう。

 

そして帰りは激混みで、電車やバスに乗るだけで大行列。

かなり時間がかかることを覚悟してください。

 

平渓天燈祭でランタンを上げる方法③

 

整理券を取り逃してしまったけど、

でもどうしても大勢でランタン(天燈)を上げたい!

 

そんな方は、裏技があります(笑)

実は、1枚の整理券につき、

5名まで入場する事が出来るんです!

 

なので、会場入りで並んでいる人に、

声をかけてみてください。

台湾の人は日本人大好きなので、

とても親切にしてくれる人が多いです。

十分でのんびりしてる日本人も狙い目です。

 

大体5名でお祭りに参加する人はいません。

ツアー客でなければ2から3人で参加しているので、

空きがあれば交渉次第で一緒に入れてもらえます。

 

スマートな方法ではないですが、

どうしても平渓天燈祭でランタン(天燈)を上げたいのであれば、

やってみる価値はありますよ!

 

私も実はこの方法でした(笑)

整理券を持っている日本の方に、

一緒に入れて頂きました。

 

整理券を取る労力、帰りの激混みを考えると、

お勧めはツアーに参加することですね。

 

ここまで大変な思いをして、

平渓天燈祭でランタン(天燈)を上げる価値はあるのか?!

 

個人的感想ですが、あります!!!!!

 

個人で上げるだけなら十分でも可能ですが、

大勢が一斉に上げるランタン(天燈)はとっても綺麗なので、

是非参加してみてくださいね!

 

ちなみに、台湾でランタン祭りというと

ランタンで街が彩るお祭りのことをいいます。

もしランタン(天燈)をあげるお祭りに行きたい時は、

『平渓天燈祭』 で調べてくださいね!

同じ時期にやっていて間違いやすいので要注意です!

 



      お名前 (苗字だけ) 

メールアドレス (必須) 

 - 世界を知る, , 旅のヒント